アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 令和元年8月のジャズライブレポート | main |

松橋ジャズ研究部初の単独ライブ@寿限無を開催しました

令和元年8月31日(土)

ついについに我ら松橋(まつばせ)ジャズ研究部の単独ライブを結構しました。

イベントに参加することはありましたチャージをいただくライブ形式はこれが初。

あまりにみんなのモチベーションが下がっていたので6月くらいに決意して企画しました。

現在ピアニストが休止中なので、ギタートリオ+3管+女性ボーカルの7人構成です。

 

やっぱり曲を決めてライブをやることになると、練習が充実しますね。

キメを設定したりハモったり練習のたびに意見を交わし一曲一曲を充実させてきました。

 

でもまあ所詮はアマチュア集団ですしお客さん10人も来ればいいね、みたいな感じでした。

が、実際はなんと寿限無満席!

想定外でしたね。

 

特にフロントは僕以外の二人がまだアドリブに不安が残るのですが、リハの後特に心配なアルトのメンバーに「間違った音を出してもいいから、とにかく自信を持って音を出そう」とアドバイスしました。

 

それが功を奏したのか本番では、なかなか張りのあるトーンで頑張ってました。

正直嬉しかったです。

トランペッターもアドリブ歴は浅いですが、楽器歴は長いので、さすがにいい感じのトーンで吹いてました。

僕も負けじと真剣勝負で吹きました。

バックのトリオも一生懸命。

ボーカルも気持ちよく歌って、かつMCも頑張ってくれました。

結果として、予想していたよりもはるかによい感想を頂きました。

なんか嬉しかったなぁ。

マスターから2回目も楽しみにしてますと言われたちゃったので、またいつかやるしかないかな!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする