アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

曲のコード進行を軽く分析してみましょう

タイトルを見ただけでハードルの高さを感じる方も多いかと思います。
コード進行を分析!
コードもよくわかってないのに大変だー。

ですが避けて通れないのも事実。
簡単なところから分析するクセを身につけましょう。

まずは曲には基本となる調(キー)があります。
五線譜の一番左になにもなかったらCメジャー(Aマイナー)、
♭が2個あったらBbメジャー(Gマイナー)とかです。
そしてコードの構成音を調べてみましょう。

まだ運指がおぼつかない人は♭や♯が3個くらいになるともう拒絶反応するかもしれません。
とにかく早いうちからメジャーやマイナーのスケール練習をルーチンに加えてくださいね。

Cメジャーの曲では基本はCメジャースケールを使うわけですが、
実際には部分的に転調したりすることがほとんどなので一筋縄では行きません。
ただいきなりコード進行のセオリーを、となると難しいので、
まずはコードの中身を調べましょう。

さぁ気合い入れてください!
続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

サックスの音色とアーティキュレーションを意識する

最初っからわりと簡単に音が鳴っちゃうのがサックスのよいところであり悪いところでもあります。

ごく初めてすぐのうちは鳴らすのだけでもとりあえず必死ではありますが、どちらかというと運指の練習に気を取られがちです。
早く曲が吹けるようになりたいと思うのは普通のことですから。
なんでロングトーンしなきゃいけないのかなんてわからないし、言われてもつまんない。

確かにそうです。
ですがある程度吹いていくうちにあることに気がつきます。
CDなどで耳にするプロのサックスの音と自分の音の乖離(かいり)に。
出せてるつもりでも録音して聴いてみるとなんとフニャフニャな音なのでしょう!
自分でがっかりしてしまうのです。

そして次第にそれはこの楽器が安物だから、マウスピースが合ってないから、などと言い訳をしつつ、新しい「何か」が欲しくなっていくのです(^^

これはまぁつまり僕自身の経験に基づいた話なんですけどね。

あれこれ、これはどんな音色がするのだろう、リガチャーを変えたらどんなに楽に鳴るのだろう、別のリードも試してみたい、などなど悩みながら少しずつ物色し始めます。楽しいんです。これが。

ですが替えてみて自分の期待する音色が出ないとまた別のものが気になる。


しかししかしです。
プロの人はどんなマウスピースを使ってもすばらしい音色を吹いてくれます。
そしてあっという間にそのマウスピースの特徴まで掴みます。
なのでその人にとっていいか悪いかの判断はもちろんしますが、とにかく一般の人が聴いたら悪いと思われたマウスピースでも十分に魅了されるような音色が出るでしょう。

モノを追いかけるのが悪いことではないのですが、
最終的には吹き手の技術が音色を左右するということです。
続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

ジャズのリズム

理論の話をずっとしてきましたが、
もうひとつ、というよりこれがなければ意味がない大事なことがあります。
ジャズをジャズとくくる一番の理由はリズムなんじゃないかなと思います。
リズムがジャズは特有のものを持っています。

裏拍をとるというのはよく聴くと思います。
スイングするというのもあります。

裏拍をとるというのは練習でなんとかなります。
が、スイングするってのはこれは大変。
日本人にはもともとこのスイングするというリズムが馴染みありません。
そういう意味でここが僕も含めて出来てない人がとっても多いのです。
できてるつもりの人はいるかもしんないですけど。

よく見本的に8分音符2個を、
付点8分音符と16分音符みたいな感じで吹くように書いてありますね。
でも実際はもっと微妙ですし、曲の速さによっても変化します。
一般的にゆったりめの曲はうえのような音符に近い感じでスイングしますが、
速い曲ではイーブンに近くなります。

吹いてるミュージシャンによってもそのスイングの仕方は微妙に違います。


どっちにせよ日本人には馴染みの少ないリズムゆえに、
それを逆に意識しないと出来ません。
そして意識しすぎるあまり極端になりすぎて、
俗にいう「ハネすぎてる」演奏になってしまいがち。

ウーダウーダと僕はよく表記してますがこれもどーなんでしょうね(苦笑)
 
続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

ノン・ダイアトニックコードのおさらい

前回ダイアトニックコードについておさらいしました。
ノン・ダイアトニックコードはそれ以外を言います。
つまりCメジャーの曲ならCメジャースケール以外の音が含まれているコードです。

いろんな目的でそういったコードが出てくるのですが、
これらがその曲の特徴を構成する大きな要素となります。
つまりそのコードの部分をどう解釈していくかが大事になってきます。
言葉だけ聞くと難しそーですよね〜(^^;;

まぁほとんどの場合は部分的な転調に用いられることが多いです。


例えばサブドミナントマイナー。
サブドミナントマイナーはマイナーの曲のダイアトニックコードなんですが、
これをメジャーの曲の部分的に盛り込んだりすることが頻繁にあります。
一瞬マイナー調に変化しつつのメジャーに解決するというドラマがあります。
普通にメジャーキーのダイアトニックコードによるツーファイブワンよりも
サブドミナントマイナーからワンへの解決の方が解決感が強くでます。
ここの部分をアドリブするということはその強い解決感をフレーズで表現するということになります。

これだけ聞いてもなんのこっちゃかわからないかもしれません。
以前曲の解説をしているアナザーユー(There Will Never Be Another You)で例えれば
10小節目がサブドミナントマイナーで11小節目でトニックに進んでるところにあてはまります。

当然そこの部分はマイナーキーになってるのでメジャースケールにない音が入ってくるわけです。
ここをキチンと吹き分けられるか。
この理論を知らないと行き当たりばったりのテキトーになってしまうということがわかりますね?

あくまで基本的な話なので結局はいろんな応用理論を当てはめるとなんでもよくなったりしますが、
知ってると知っていないとではまったく違います。
偶然なのか狙ったのか。

 
続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

ダイアトニックコードの理論おさらい

有言実行ということで不定期でアドリブの考え方の基本を考えてみたいと思います。
前回入り口的話をしましたがさっそく具体的な理論の話を書いてみます。

今はとっても便利な時代になってiREAL Proなどのアプリで
そのコードに使える基本的なスケール(アヴェイラブルノートスケール)まで
表示してくれたりするので勉強する手間もなくわかっちゃったりします。
でもなんでそのスケールが使えるのかをわかんないといつまでも自力では
アヴェイラブルノートスケールがわかんないということになります。

まぁアヴェイラブルノートスケールがわかったところで
ジャズのフレーズにできないといけないのですがそれはそれ。

では何が手がかりになるのかと言うと
コード進行をある程度でも理解することとなります。
「うわちゃー」とここで思った方もいらっしゃるかもしれません。
ですがコードの役割をある程度わからないと行き当たりばったりでは昔の僕みたい〜(苦笑)

そこで大事になってくるのがコードの役割の仕分けです。
昔書いている理論講座でトニック、ドミナント、サブドミナント、サブドミナントマイナーという役割。
そしてダイアトニックコードとノン・ダイアトニックコード。
そのコード進行で何が行われてるかのドラマを理解することで
その曲がもっているドラマの流れにそって自分のシナリオを乗っけていけるというわけです。
 
続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

僕の古い音楽理論やアドリブ講座の内容についてと新アドリブ講座予告編

数年前に書いた音楽理論の話やアドリブ講座って未だに結構読まれています。
ありがたいことですが僕の中では何書いたか完全に忘れててちょっと不安だったりします。
確認する暇もあまりないので・・。
過去にずいぶんつっこみも頂いて訂正されたところもありますけど、
記事ごと抹殺したものもあります。

まだ当時は自分自身の理解が甘く怪しい内容も結構あるのでは?
と心配になってしまいます。
ですから鵜呑みにせず自分で確認するようにしてくださいね!

で、あの記事を書いた今から5〜6年前から多少進歩した僕の理解で、
いろんな曲の分析とか書いてみたいなとも思うのですが、まぁ時間のないことが・・・。

最近どうやったらアドリブできるのとかいろいろ聞かれます。
えらそうなことは全然言えないのですが、
やっぱり多少なりともコードに対する理解が必要になってきます。
なので時間があればまた講座みたいなのも書きたいなと思いつつ活動報告で終わる・・みたいな。

しつこくいつも話すのは「まずジャズを聴こう」ということです。
そこ無しにジャズでアドリブしようなんて無理な話です。
ジャズって何がジャズなのか?
多少はわからないといけないですよね。

せっかく今日は元気があるので予告編として簡単にアドリブについてざっと書きます。
 
続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

There Will Never Be Another Youで理論講座その3

 ちょっと油断するとすぐ月日が経ちますね。
うっかりアナザーユーの解説も途中ですっぽかすところでした(笑)
まぁどれだけの方が読んでくれているのがわかりませんけど、
自分自身の確認と思って書き上げます!

There Will Never Be Another You
のコード進行を使ってジャズコード理論をかるく解説しています。
今回は最後の8小節です。


大事なコード進行のポイントが毎回うまい具合に出てきますが、
最後はまぁ定番とも言える3-6-2-5くらいですかね〜。
まだ手前を読んでいない方はカテゴリの
ジャズ曲コード進行理論勉強
から過去を参照してくださいね。

続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

There Will Never Be Another Youで理論講座その2

 There Will Never Be Another Youのコード進行を使って
コード進行の理論とアベイラブル・ノート・スケールについて
お話ししております。

その2ということで前回の続きです。


まだ6小節目くらいでしたかね〜。
こういうのは一気に書かないとテンションが持ちませんね(笑)

がんぶぁりむぁす!

ちなみに今回もとっても大事なポイントがありますよ〜。

続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

There Will Never Be Another Youで理論講座その1

 久しぶりに理論講座的な話をしようかなと思います。
マル2年くらい放置してるのでは?

題材を使ってコード進行の意味とアベイラブル・ノート・スケールなどを
自分のつたない知識の中で解説してみます。

お題の曲は通称「アナザーユー」で知られる超スタンダード、
There Will Never Be Another You
です。

実はこの曲にはアドリブをやるにあたっての
コード進行のツボがけっこう凝縮されているので、
とってもお勉強に持ってこいの曲なんですね。

何回かに分けて説明します。
いっぺんに書くと途中で行き倒れしちゃいそうなので(苦笑)。


アルトサックス用のキーで説明します。
というのがアルト(Eb用)ではキーがCメジャーなので、
とっても度数をつけるにしてもわかりやすいからです。

移調楽器でなければよく出てくるEbメジャーです。
テナーやトランペットのBb楽器なFメジャーとなります。
度数を絡めて話しますのでちょっと考えればわかるようにしますね。
今回はイントロダクション的な話も含めアドリブについて話します。

それでは始まり始まり〜(^^;

続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

アドリブやってみよ講座-その12 サブコードとは

 前回はセカンダリードミナントという
コード進行のセオリーにおいてちょっとややこしい話でした。
今回はもっとややこしい話です。

ですが、これをすべて説明は出来ませんので、
いくつかの例と考え方をお話ししたいと思います。


サブコードとはもともとそこにあるべきコードの
代わりにあるコードみたいな感じかなぁ。
イマイチピンと来ないかと思います。

構成音が似ているなどの理由で、
置き換えてあるコードのことです。
曲の中でその部分にすこし変化を持たせたりするために
使われています。

まだなんのことだか、わかんないと思いますので、
いくつか例を挙げます。

続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -