アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

ジャズの名演を研究する!?

初めて自分が中心のライブをすることになりました。

以前リーダーではないにせよ選曲を八代のジャズバンドSWINTの時は任されていたので完全に初めてという訳ではないですが。

師匠多田誠司氏を始め熊本を代表する先輩方にお願いしています。

 

選曲はすごく悩みました。

マニアック過ぎてもダメだし、ベタな選曲すぎるとまるでセッションになってしまう。

結局当日リハするだけなのでセッションライブに近いのは確かですが、多少なりともせっかくのアルトサックス3管を活かしたバンドサウンドにしたいと思うわけです。

 

僕が仕切るわけなので僕に曲ごとの明確なイメージがなければ始まらないのです。

イメージが伝わればなんでも叶えてくれそうなメンバーなのですから僕がしっかりしないとね!

 

そこで参考になるのがやっぱりジャズの居所の名演の数々。

僕に自分でアレンジする能力は育ってないわけだし、自分がやりたい曲の自分が気に入っている名演を参考にするのが一番手っ取り早いわけです。

 

ハモりとかを必死に耳で聴き分け譜面におこしました。

うまく拾えてるかわからないので出来上がった譜面を多重録音で自分で吹いて確認したりしています。

全然ハモれてるのかわかんなかったりもしますので、当日先輩方に確認はしてもらいますが(笑)

 

一曲をじっくり聴くと色々アイデアが得られます。

漠然と聴くと「この曲イカすぜ」程度で終わってしまうのですが、イントロがどうなってるのかとか展開がどうなっているのかとか色々分析する気持ちで聴くと面白さが倍増します。

 

そうやってアレンジを参考にしてると自分でもふっとアイデアを思いついたりします。

Bメロは思い切ってこうやってみよう、とかエンディングはこう持って行こうとか。

 

ざっくりと選んだ曲たちも自分のステージのイメージを元にセットリストに並べることでよりイメージが湧いて来ます。

速い曲の後はミディアム、その後スローが入って、アップテンポ、最後はミディアムでハッピーに!

みたいなセットごとのストーリー展開が見えて来ます。

 

もうワクワクしかないです!

 

それぞれの曲に全て好きな名演があります。

きっとそれを聴いたからこの曲をやりたいと思ったんだろう。

じっくり展開を研究することでたくさんのテクニックを学べるんですね!

 

みなさんジャズをやるなら、じっくりジャズを聴きましょう!

 

>リコ ジャズセレクト アルトサックスリード 3H ファイルド

価格:2,900円
(2017/3/12 17:50時点)
感想(0件)

僕は最近ここでリードを買います。バンドーレンはなく、リコ(ダダリオ)系のみですが1万円で送料無料なので4箱買っています。

旧箱写真ですが一番新しいダダリオのがちゃんと送ってきますよ。多分単価も安い方だと思います。リードが決まってる人はまとめ買いするといいかもしれませんね。

アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(0) | -

3アルトスペシャルライブのお知らせです!

スペシャルなライブのご案内です!
桑島武文=僕(As)、右田宏冶(As)、多田誠司(As)、園田智子(Pf)、古荘昇龍(Bs)、木村好来(Ds)@熊本Jazz Inn おくら

仕切り役を任されているので、ある意味僕にとって人生初のリーダーライブとなります。
おくらで自分がライブをさせていただくのも初めてです。
脱セッション小僧(笑)

 

僕にとっておくらは聖地。
初めてのライブは絶対に大盛況で飾る!
そう決めてこれまでずっともったいぶっていました(^^

 

この度僕の師匠である日本を代表するサックスプレイヤー多田誠司氏のご好意で、熊本で活躍中の右田宏治くんと3アルトという珍しい組み合わせで行います。

 

脇を固めるのは熊本を代表する大先輩方。
これまで僕が本当のヘタレの頃(今もですが)からずっとお世話になっている大事な大事な僕が尊敬する皆さんです。

 

ついに多田誠司師匠と肩を並べてライブができる日が来ました!

アマチュアジャズメンとしてどこまでやれるのか?
このライブはこれまでの僕の音楽道の途中の一つの大きな節目となると思っています。
なんか軽く考えられないんですよね(^^;
アマチュアミュージシャンの方々にもぜひ聴いてほしいです。

 

右田くんとともに師匠多田さん、園田さん、古荘さん、木村さんに挑みます!

うるさいこと必至!
楽しいこと必至!
ゴリゴリのストレートなジャズをお楽しみください!
たくさんの皆さんに遊びに来てほしいです!

 

 

平成29年3月29日(水)熊本Jazz Inn おくら
〒860-0848 熊本市南坪井1-12
Tel:096-325-9209
チャージ3500円(学生2000円)オーダー別。
満席の時は学生さんは席を譲ってね!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(1) | -

多田誠司、スガダイロー2ndアルバム残照レコ発@熊本酔ing行ってきました

平成29年2月22日(水)@熊本酔ing

多田誠司(As,Fl)、スガダイロー(Pf)

今回はこのユニットのセカンドアルバム「残照」レコ発ツアーです。

 

前日、前々日と今日で家出3日目(笑)

しかも本日はホテルまでとって飲む気満々で。

 

先にチェックインして焼き鳥屋で一人飲みからの酔ingへ。

多田師匠と3月に一緒にライブをさせていただくので、軽くその件の話をしました。

なんと最後にスガダイローさんと一緒に演奏させてもらえることになりました!

「わーお」

です。

 

そしてライブ開始!

やっぱりもう間違いないですね。

しょっぱなから圧倒的なスケール感。

ダイローさんの繰り出す強烈な世界観の中で多田さんが超絶技巧で大暴れします。

とても二人とは思えないサウンドの分厚さです。

そして息がぴったり。

「なんでそこの間の取り方が合うの?」

ってくらいお見事。

さすがトップミュージシャン同士の音楽会話は次元が違う!

 

飽きることなく、あっという間に2セット終了です。

 

そして運命のスガダイローさんとの共演!

リクエストしたのはYou Don't Know What Love Is

大好きなこの曲でぶっ飛びたいと思いました。

 

多田さんの紹介も随分と誉め殺しでプレッシャーですがとてもありがたいお言葉でした!

いざ始まるとやっぱりすごい!

どこかわからなくなるようなコードアレンジが響いてきました。

それでも必死に聴きながらトライしました。

1コーラスアドリブ終わって多田さんが半分、ダイローさん半分、そこからサビ戻り。

 

後半に行くに従ってグゥーっと盛り上がっていきました。

超絶気持ちいいーっ!

 

もう最高の時間でした。

 

そして打ち上げ。

これがまた会話も盛り上がって楽しすぎる!

みんなミュージシャン(^^

そのまま2次会突入。

多田さんとボーカリスト尾方隆子さんと僕の3人で赤ワイン!

いい気分で一日を終えました。

 

来月は多田誠司師匠と一緒に初めてのおくらでのライブ。

俄然燃えてきました!

頑張ります!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

石井彰トリオ@Jazz inおくら2017行ってきました

平成29年2月20日(月)熊本Jazz inおくら。

石井彰(Pf)、杉本智和(Bs)、江藤良人(Ds)

行ってきました!

 

前日は熊本城マラソン2017。

昨年に続き二度目のフルマラソン無事完走しました。

で、その翌日から早速のジャズライブ。

 

若干左足をビッコ引いてますが去年よりはダメージ少なし(^^

楽しみにしていた石井さんのピアノ。

今回のツアーはアルバムからのオリジナル曲中心。

ライブで聴くとまたすごい。

難解な展開もありますが見事にトリオが噛み合って素晴らしいサウンドです。

美しい世界観が最高に気持ちよく響いてきます。

 

うーん、やっぱりライブ楽しい。

今年まだ2回目ですけど。

 

アンコールは地元ミュージシャン参加でブルースのセッション。

もちろん参加しましたよ!

ブルースってあっけなく終わってしまうので本当はもっといっぱい演奏したいくらいでした。

やっぱりすごい人たちと演奏すると気持ちがいいです。

江藤さんがガンガン煽ってきてくれるので元気よく吹けました!

 

早く帰るつもりでしたが結局居心地が良くて音楽談義で午前様でした(^^;

あー楽しかった!

翌日は松橋ジャズ研、明後日は多田誠司さんとスガダイローさんのデュオ。

体休まる暇ないですぜ!

仕事ももちろんやってますからね(^^ v

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(2) | -

今年初ライブは酔ingにて小島のり子さんのライブでした!

平成29年2月16日(木)

ようやく今年最初のジャズライブに行くことができました。

 

小島のり子(Fl)、中田由美(Pf)、織原良次(Bs)、菅原高志(Dr)

 

初めての組み合わせで今までの小島さんと全く違う雰囲気のライブになりました。

リーダーがドラム菅原さん。

それにフレットレスエレベの織原さんが繰り出す超絶かつユニークなリズムで新しいサウンドが広がりました。

すごく面白い!

 

小島のり子さんは相変わらず突き抜けたフレージングで気持ちよくスイングします。

会場は満席!

盛り上がりました。

やっぱりライブは楽しいですね。

1ヶ月半行けてなかったので新鮮でした。

 

アフターではセッションも!

サックス吹きが3人順番に一曲ずつ。

最後に小島さんと4人で管だけのブルース。

これがかなり楽しかったです。

充実した一夜となりました。

やっぱりライブいかなきゃですね!

しばらく忙しくて悶々としていましたがスッキリしました。

この週末に熊本城マラソンでフルを走ります。

それが落ち着いたら来週からまたライブ三昧の予定です。

 

みなさんジャズライブに行きましょう!

ライブなど音楽活動報告 | permalink | comments(0) | -

たまに自分の演奏を録音すると面白いです

以前はこのブログでよく自分の演奏を公開していました。

音源は全部恥ずかしくてすでに削除していますが・・・。

 

久しぶりに録音してみました。

 

 

いやー・・・

 

全然成長してないじゃん!

 

 

という感じでした。

雑です。

 

全然ビバップ吹けてない。

 

こうやってショックを受けながら改善点を見つけていくのです。

凹むわ〜(笑)

 

バイブラートサックスの音源を撮ってみようと思ってやってみたのが失敗だったか?

明日はマーチンで録音してみよう。

 

公開はしない予定ですけど・・・

 

再確認するためにも客観的に皆さんも自分のプレイを聴いてみましょうね!

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(0) | -

2017年明けてからの近況報告

いやー最新のパソコンはいいですね。

以前のパソコンが古くなりすぎてブラウザが対応しなくなったりでスムーズにブログの更新ができなかったのも滞る原因の一つでした。

今は思いついた時にサクッと投稿できます(^^

 

これまでの数年間は本当にライブに相当数通いました。

最低でも月に3本、多いときは3日に一度くらい(笑)

 

それが1月に入ってまだ一本も行っていません。

行けてないんです。

 

行きたかったライブはあります。

石井彰さんと金澤英明さんのデュオ。

火の国バンド(藤山英一郎、奥村和彦、西尾健一、赤松貴文)などなど。

 

一つは祖母が危篤状態になったこと。

結局先日亡くなりました。

そんなこんなでライブに行けなかったというのもあります。

 

それともう一つが仕事。

本業(笑)の薬剤師の仕事の方なのですが、やはり地方は人手不足。

3店舗のうちの一件が産休の為管理者不在になってしまうことになりました。

代わりを必死に探しましたが見つからず僕がしばらく移動することになりました。

2月からなのですが熊本の中心部を挟んで南から北へ通勤します。

恐怖の大渋滞交差点を抜けるため下道だと1時間半以上かかります。

ひえ〜(>_<

 

そのための色々な話し合いや準備などあって全く心穏やかでない。

 

さらにうちの子供が色々と問題をやらかしてしまうもんで・・・(^^;

家庭もかなりヘビーな感じ(積み木崩しではないですが)

 

つまり心の余裕が全然ない状態ということですね(苦笑)

とてもライブに行こうという気力がわかない毎日なわけです。

なんとか月末におくらであるライブには行きたいなと思ってるのですが。

 

そんな感じですが2月1日に自分のライブが決まりました!

このブログで度々紹介しているおかしなバンドです。

宇土ジャズWi-Fiトリオ。

中村信二(Dr)、堀川範子(Vo)、桑島武文(As僕)

この超変則変態トリオのライブです。

 

宇土市イタリア食堂まぁーるにて。

なんとワンドリンク付き1000円。

MCタダみたいなもんです(笑)

2月からはぼちぼち再始動したいところです!

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(5) | -

理屈が先か?形が先か?という苦悩

大人のジャズ研を友人と立ち上げて4月で丸2年。

メンバーも安定しています。

 

ただこの2年でどれだけ成果が上がったかと考えると・・・

 

結局は個人の練習量によるわけでレッスンではないので頼り切られてしまうのも困るのですが、

やっぱり顧問的な立場である以上ある程度アドリブのコツやジャズのエッセンスを伝えていかないといけません。

これが本当に難しい。

 

もともとジャズをやっていたピアノの女性、ベーシスト、ドラマー以外はみんなジャズ初心者。

楽器初心者もいます。

レベルはバラバラ。

 

もうめちゃくちゃ難しい。

決してネガティブな意味ではなくて。

 

続きを読む >>
アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(2) | -

2017年最初の松橋ジャズ研究部合同練習

平成29年1月最初の松橋ジャズ研究部合同練習しました。

なかなか新年早々慌ただしくて全然何も準備できないままの練習でしたが、なかなか楽しくできました。

 

この日はトランペット2本、アルト2本、ピアノ、ギター、ドラム。

最初は各自おさらいと確認をしながら雑談。

ピアノがある程度コードを確認できたところでセッション形式で課題曲を始めました。

The SidewinderとAll Of Meに絞って、まずはテーマをしっかりみんなでやること。

サイドワインダーはハモリもつけて、ブレイクなどキメもしっかり確認。

きっとベースも入ればより厚みが出ていい感じになりそうです。

アドリブはまだまだ難しいようですが。

この曲はコード進行の基本がブルースに基づいてるので分かってしまえばそんなに難しくないんですけどね。

ブルースもまだ理解ができていないので(マストなのでもちろんやってはいます)。

 

All Of Meは僕がアーティキュレーションをつけて作成した譜面を元に演奏。

譜面集の通りに吹いたらカッコよくないですから。

多分ジャズのニュアンスで仕上がってると思います。

全員で同じの吹いてもアレなので僕は自由にオブリガードを入れる感じでハモリました。

この曲はアドリブが難しいんですね。

理論をしっかり説明しているんですが実践は・・・ね。

 

コードごとにポイントになる音を説明して、その音さえ出てくればオッケーという感じでできるだけ難しくない形で理解してもらいました。

何度かセッションやりましたが回を追うごとにみんな何かを掴んで来てる感じがありました。

よしよし(^^

 

少しずつでも形になってくればいいかなと思います。

みなさん仕事もプライベートも忙しいのにとても一生懸命です。

今年はなんとかライブという形の実績をより多くのメンバー参加で作りたいと思います。

アルトサックス練習日記 | permalink | comments(0) | -

管楽器と長距離走

実は去年(2016年)人生で初めてフルマラソンを走りました。

熊本城マラソンです。

ほんと地震の直前の2月。

 

その前の年の夏から走り始めました。

もともと高校生までは長距離結構自信があったんですが、さすがにオッサン!

最初は2キロでヘロヘロでした。

それから少しずつ距離を伸ばし6キロくらいをなんとか走れるようになった頃に腸頸靱帯炎という通称ランナー膝という奴をやってしまいました。

 

特定の距離を走った頃に必ず膝の外側が痛くなる症状です。

痛みがかなり強いのでほぼ走るのが困難になります。

結局ほとんど練習できず。

一度無理を押してハーフを走りましたが事態は最悪。

絶対完走は無理だろうというところでした。

結果なんとか5時間12分で泣きながら完走しましたけど。

 

それからしばらく走ってなかったのですが地震のドタバタが落ち着き始めた頃からランを再開。

今回は意外とランナー膝が出ず順調。

毎週10キロは普通に走れるようになりました。

 

そして今年また熊本城マラソンに出ます。

復興支援だね。

目標はサブ4(4時間切ること)。

まぁ今度は無理でしょうけど、4時間前半くらいは行けそうな気がする。

今日(1月9日)に適当にハーフくらい走るつもりで22キロ走りました。

きつかったけどいいペースでほぼ止まることなく走り続けられました。

 

ウンウン。

 

で、何が言いたいかと言いますと、

長距離が走れるってことは肺活量とかも鍛えられてるはずなんです。

 

だけどロングトーンの時間が長くなるかということは別問題なんですね(笑)

何かの足しにはなってるんでしょうけど、そこまで長距離走が管楽器吹くのに影響してるような気がしない。

 

ということです(^^

スンマセン大した話ではなかったですね〜

アルトサックスライフ-コラム | permalink | comments(0) | -