アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

Love For Saleを分析〜っ

まだまだ夏以上に暑いですが、
勉学の秋です!

サックス吹けない時は座学でジャズ脳を鍛えましょう!


Love For Saleはマイルス・デイビスとかもやっているので
有名かと思いますがいかがでしょうか。
ちょっとラテンテイストのビートと4ビートが
交互に来ます。
でもチュニジアの夜みたいに難しくはないです。

タイトルは売る愛。
売春婦の話です。
歌詞の内容は一見・・・ですが、きっと深い意味があるのでしょう。
続きを読む >>
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(4) | -

酒とバラの日々(Days Of Wine & Roses)を分析〜っ

いやーしばらくバラはないですけど酒な日々が続きまして・・・。
音楽脳を再起動するために楽曲のコード進行を座学しました。

曲は”酒とバラの日々”
The Days Of Wine And Rosesです。
しゃれたタイトルの割にテーマ曲となった映画は
酒に溺れてドツボにハマっていく暗い話ということで有名です。
メロディーも幸せそうなメロディーなんですけどね。
ちなみに映画はヒットしなかったそうです。


元々完全な歌ものなのでコード進行は
いかにもジャズ、というわけではないので
歌心が試される(?)曲なのかもしれませんね〜。
続きを読む >>
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(5) | -

ドナ・リーのコード進行を眺めてみました

夏の訪れ
写真は先日うちのチビと散歩した際にみつけたセミです。
熊本は灼熱地獄です〜。


さて最近ハマってなんとかモノにしようとしてる曲が
ドナ・リー(Donna Lee)です。
チャーリー・パーカーの曲です。

はっきりいって難かしいです。
まずテンポが速い!
200〜250くらい行ってるのもありそうなくらい。

この中でノリと発音まで気にしないといけないので大変。
でもセッションでこれが出来ればちょっと気持ち良さそうです。

テーマがカッコいいだけに
アドリブにギャップが出来やすいのは
コンファメーションと同じかな。
で、コード進行をのぞいてみました。
続きを読む >>
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(6) | -

サマータイムとりあえずアタリ付けに吹いてみました

もうほんと時間がないんですけど、
なんとかニッチ時間を利用して日曜日に録音してみました。
サマータイムです。


先日多少コード進行をアナリーゼ(分析)してみましたが、
覚えてるんだか忘れてるんだか無視してるんだか・・・。


オケが緑川先生の教本のなので、
けっこうテンポが速いんです。
速い曲はどうしても焦ってる感じが出てますね。
リズムやアーティキュレーションは相変わらずダメダメです。
続きを読む >>
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(2) | -

夏に備えてサマータイムをそろそろやっときましょう

さあいよいよ夏も間近ですね!
ってまーだ梅雨入りしてないんですけど〜。
今年も異常気象ですかね。


で、曲の内容的にはそーんなに夏だ〜!という楽しい曲ではないのですが、
曲名がサマーなので夏になるとよく演奏されるのが、
サマータイム(Summertime)です。


たぶんいろんなキーで演奏されるんでしょうね。
僕の経験上ではAマイナーかなぁ(アルトはF#m)



続きを読む >>
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(2) | -

サテンドール(Satin Dol)の勉強の続き

ちょっと前にコード進行を研究してみたんですが、
なんだか自分でちっとも体にも頭にも入っておらず、
先日のセッションではアドリブがさっぱりハマりませんでした。


おさらいもかねて今夜は1時間ちょいミッチリ、
サテンドールのみ練習。

といってもテーマのメロディーじゃないですよ。
アドリブです。
で、実践と理論をちゃんと読んで
再理解から始めました。



続きを読む >>
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(0) | -

Satin Doll(サテンドール)のコード進行とアドリブ考

定番がゆえに逆に今まであんまりやってませんでした、
サテンドール。

テーマが幸せ過ぎるからかな〜。

高嶺の花の彼女(サテンドール)を狙うんだけど、
なかなか振り向いてもらえないよ〜って曲です。
ただこの曲の主人公はイパネマの娘の主人公ほどヘタレではないようです。


とてもシンプルなコード進行で
アドリブの練習にはぴったりな曲だと思います。
めっちゃ転調しますけど(苦笑)。
簡単ではないのかも?


ツーファイブの集まりみたいな曲です。
続きを読む >>
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(2) | -

Misty(ミスティー)のコード進行を分析してみました

ミスティー、名曲ですね。
しっとりとしたバラード。

慣れない恋に戸惑う初恋の歌だそうです。
私の心は霧の中。
どーしたらいいのかしらん?

演奏としては吹き始めからいきなり大きな山場です。
吹き始めたとたんにフニャーで、
すべて台無しに出来そうな、表現の難しい曲です。
運指は問題ないと思いますけど。

逆に出だしが決まるとずーっといいイメージで聴いてもらえそうです。
歌心と音色が大事なんですね。
ですが、コードを理解するにこしたことはありません。
気合いで読んでくださいねっ!
続きを読む >>
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(4) | -

There Will Never Be Another Youのコードを分析

今回はけっこう演奏する頻度が多いこの曲の
コード進行をじっくりと眺めておさらいしてみようと思います。
話はアルトサックス向けのキー(Cメジャーです)で進めます。
ちょっと難しいところもあるかもしれませんが、
理論講座の10までが理解できている人なら大丈夫と思います。


略してアナザユーなどと呼ばれるこの曲です。
There Will Never Be Another You
明るい感じの曲ですが、
ラブソングとしてはギリギリくらいの内容の曲です。

ミディアムテンポから、そこそこ速く演奏されることもあります。
ところどころ転調があるので、
そこを押さえておかないと適当にアドリブしてると
「???」になってしまうところがいくつかあります。
続きを読む >>
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(2) | -

星影のステラのコード進行を覗いてみます

Stella By Starlight(星影のステラ)

独特の雰囲気のある曲ですね。
実はステラは幽霊で・・・
という古いホラー映画の主題歌らしいんですけどね。


とても美しいメロディーで、
しっとりと吹き上げるのにぴったりの曲です。

アルトサックスでのキーはGメジャーです。
♯が一つ、ファにつきます。
知らない人のためにどうぞ↓



この演奏してるおっちゃんのチャンネルはお気に入りに入れてます。
何吹いてもうまいです。
続きを読む >>
ジャズ曲コード進行理論勉強 | permalink | comments(0) | -