アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

アドリブやってみよ講座 - その11 セカンダリードミナント

 えーっと申し訳ないくらい間が空いてしまいました。
ずいぶん自分が勉強するのに時間がかかったからといい訳しておきます(^^;


カテゴリ分けがきちんとできてなくて
講座の9と10が埋もれていました。
読めてない方はそちらもどうぞ。


今まででざっとメジャー、マイナー両方のキーでの
ダイアトニックコードをお勉強してきました。
ですが、ジャズの奥深きところはまだまだ先です。

具体的に曲でこれまでの知識をあてがおうとすると・・?
むむむー。

ダイアトニックコードだけでないコードがいっぱい!
これではまったく今までの知識では歯が立たない!
となるわけです。

今回はダイアトニックコード以外のコードについて少しお勉強します。

続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(4) | -

アドリブやってみよ講座 - 10 マイナーツーファイブの準備その3

 これまで2回で
ナチュラルマイナースケールとハーモニックマイナースケールに
基づくダイアトニックコードを見てみました。

最後もういっちょ!
メロディックマイナースケールに基づく
ダイアトニックコードを見てみます。

これはハーモニックマイナースケールから
さらに6番目の音が半音上がるスケールです。

C Melodic Minorでは
ミだけが♭で残りはほぼCメジャースケールとなります。

当然他の二つのマイナースケールと違った
ダイアトニックコードが現れます。

続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

アドリブやってみよ講座 - 9 マイナーツーファイブの準備その2

 前回はナチュラルマイナーのダイアトニックコードを見てみました。
今回はハーモニックマイナースケールのダイアトニックコードを見てみます。

ハーモニックマイナースケールは
ナチュラルマイナーの7番目の音が半音上がります。
Cナチュラルマイナーだとシ♭のところが、
Cハーモニックマイナースケールだとシになります。

この音一つ変わるだけでダイアトニックコードは
いくつか変わってしまいます。
ほんとややっこしいですが、
最終的にはポイントが見えればいいかなぁ。

続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(2) | -

アドリブやってみよ講座 - 8 マイナーツーファイブの準備その1

 ずいぶんと日が空いてしまいました。
どうも音楽理論の自分の知識がまだまだ充分でないと
じゃっかん凹んでしまいました。

が、ここで止まるわけにはいかないので
少しずつですが話を進めます。

今回はマイナーキーにおけるツーファイブの話。
はっきりいってメジャーに比べて難しいです。
というかややこしいです。

僕もまだうにゃむにゃ・・・。

しっかりと頭を整理して行きましょう!
まずはダイアトニックコードを知る事から始めます。
続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(3) | -

アドリブやってみよ講座 - その7 ツーファイブ進行の入り口

ジャズをやってみたい=アドリブをやる!

ということでいろいろ教則本なんかを買うと

必ず出てくる言葉があります。



それがツーファイブという言葉。

訳せば25なんですが、

これを理解するのに僕はずいぶんと時間がかかりました。

なにせすべて独学ですから〜・・・。



これを知ると知らないでは大ちが・・・、

というよりコレを知らないとジャズは出来ない、

つまりアドリブできないといっても過言ではないくらい

重要なキーワードなのです。

続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(4) | -

アドリブやってみよ講座 - その6 リハーモナイズでコード進行を知る

 アドリブを知る為にはまず曲の仕組みを知るなり〜。


メロディーを作ったあとに

コードを付けていくことをハーモナイズといいます。

実際にトニック、サブドミナント、ドミナントの役割で

コードを振り分けて、

かつメロディーに乗せていくわけです。


ではこんな曲があったとしましょう。

IM7,IVM7,V7だけで出来ています。

メロディーはこの際割愛しますけど(笑)


| CM7 | CM7 | FM7 | G7 |

| CM7 | CM7 | FM7 | G7 |

| CM7 |fin


確かに3つしかコードが出てきてませんが、

弾いてみてください。

なんとなく曲でしょ?



が、しかし!


非常に単調でつまらんわけですね。

もう少しでも曲調に変化が欲しいわけです。


続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

アドリブやってみよ講座その5 - ダイアトニックコード

 前回コードの役割について

ざーっと書きましたが、

漠然とは捉えていただけたでしょうか?

今回はそのことを踏まえて、

具体的にどんなコードがどんな役割を持つのかを

ダイアトニックコードという専門用語でお話しします。

ちなみに以前の初心者の為の音楽理論講座でも

詳しく解説しておりますので踏み込んだことはそちらを参考にしてください。


続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -

アドリブやってみよ講座 - その4 コードの役割を分類しましょう

ざーっと話しようと思います。

というのが実は非常に難しく奥が深いのがこのコード進行なのです。

理論書等の基礎的なところに書いてあるようなコード進行は

現代に近くなれば近くなるほど見当たらなくなります。



ですが基本的なセオリーはどれも同じです。

コードといっても闇雲に並べてあるわけではありません。

どういった基準でそのメロディーにそのコードが選ばれているのか?

また他の譜面集を見たら、同じところのコードが違っていた!


そういったことがよくあるのですが、

その意味を知る為にはコードの機能を理解しないといけません。

そこで今回はコードの機能別分類を勉強してみたいと思います。

続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(2) | -

アドリブやってみよ講座 - その3 ジャズに慣れる

熊本はすっかり春の陽気です。

もう桜も散り始めそうなくらい満開です。



さて、ジャズをあまり聴き慣れない人にとってみたら、

アドリブ以前にリズムなどもよくわからないかもしれません。


ジャズにはジャズらしくなるための要素として

リズムが大変重要になってきます。


特にこの日本に生まれてきた私たちにとってみたら、

童謡、民謡、演歌などなどがある意味ソウルミュージックですよね。


さぁ手拍子するとどうでしょう。

パン、パン、パン、パン

拍子をイチ、ニー、サン、シーと数えるなら、

イチ、サンで叩きますよね。

ポップスなどでもそうですし、

吹奏楽(マーチングなど)もそうですね。


イチ、サンは表拍と呼ばれます。



ところが実はこれではジャズにはならないのです。


続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(4) | -

アドリブやってみよ講座 - その2 どこでアドリブするのか?

この辺はまだジャズの聴き方の話でもありますので、

楽器はしないけどジャズに興味ある方も参考になるかと思います。



普段あまりジャズを聴き慣れない人にとってみたら

アドリブって言うけど、どこがアドリブでどこがそれ以外なのかわからない!

なんてこともあるかと思います。


ですから曲全体がデタラメに聴こえたりする人もいらっしゃるでしょう。

もしくはすばらしい演奏だとそのすべてが作曲された(譜面として用意された)

演奏だと勘違いする方もいらっしゃるかもしれません。



しかしジャズでは基本譜面は見ません。


でも確かにジャズミュージシャンでも譜面を見ていますよね。

見てない人も多いですが、確かに紙切れを1枚用意してる人はいます。

じゃあの譜面には何が書いてあるんでしょうね〜。


続きを読む >>
アドリブやってみよ講座 | permalink | comments(0) | -