アルトサックスで行こう(Take The "A" Saxophone)since2008

熊本でさすらいのアルトサックス吹きをやってます。脱素人を目指して頑張ってます!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
プロフィール
プロフィール

皆さん、こんにちは!
熊本でさすらいのサックス吹きをしているマンと申します。
昭和47年生まれの44歳。
妻に娘と息子アリ。

社会人になってからの平成10年くらいに始めたので、アルトサックスを手にして19年目になります。
だらだらと吹いたり吹かなかったりの日々でまったく成長せず。
すばらしいミュージシャンに少しでも近づきたいと開眼し日々努力中です。


ジャズライブが大好きで年間30本以上足を運んでいます。
最近は楽器も持参してあわよくばセッションをプロにお願いしたりもしています。
このブログを昔から読んでいただいてる方には僕がどれくらいヘタなのかも、知識も浅かったのかもよくわかってることと思いますが、ここ数年で僕の周りの環境はずいぶんと変化してきました。

まぁ技術は相変わらずですが、とにかくいろんな演奏の機会を得るようになってきたのは事実です。とにかく先の長い(終わりのない)ジャズの道。今はできそうにないことも継続することで少しずつ実を結ぶんだと実感しています。とにかく継続は力なりですね。


現在年に数回ですが、あの多田誠司さんからレッスンを受けてます。
それ以外はほぼ全くの独学です。


アマチュアでジャズをやってるとたくさん壁にぶつかります。
そんな方々に少しでも役に立てばと思って、時々役に立つかもしれないことも書いています。でも最近活動報告ばっかりかな。でも動けばまわりからチャンスがやってくることの歴史だと思ってます(^^


愛器
Selmer SA80serieII(ちょっと前までのメイン)
Martin INDIANA(1928年製、コレクションかな)
Martin Committee III(現在のメイン楽器、アートペッパーが使用していたのと同じモデルです。1947年製)

マウスピースは
Theo Wanne GAIAハードラバー#6(メイン)
ほかに何本か持ってます。

リガチャーは
Theo付属品からWoodstoneのサテンゴールドに変えました。

リードは
RICO Jazz Select 3H(ファイルドカット)
徐々に厚くなっています(^^

こんな感じです。


まだまだ全然の僕ですが、
それなりにいろいろ壁にぶつかりながらも前に進んでいます。
楽譜も読めないところからスタートしてますので、
いろいろ悩みを持たれている方がいらっしゃいましたら、
遠慮なく質問等もどうぞ。
答えられる範囲で答えます(^^
まぁ勘違いも多いのでそこはご注意を(苦笑)

sax@mansensei.com

とにかく成長の記録としてこのブログを大事にしています。
少しでも他の悩んでる方に勇気が与えられたらいいなと思います。

それから平成26年8月に念願のソプラノサックスもゲットしました。
ヤナギサワのS-6という一番最初にヤナギサワが出してソプラノです。
1972年製なので僕と同い年です(^^

マウスピースはウッドストーンのハードラバー7☆。
ただ市販モデルではなく試作品かなにかかもしれません。
そこそこのハイバッフルな感じとラウンドチェンバーでめっちゃ息入ります。
リガチャーはオールドのセルマー。
リードは悩み中。

とにかくいろんなところに出没しては恥をかきつつも
たくさんの経験を積んでいます。

平成26年8月更新

追記(平成27年12月)

さてこのブログを初めてもう7年の月日が経過しました。
当然初期のころの僕と今とではまったく別人です。
それだけのことはやってきました。
でも未だ全然納得のいく演奏はできませんし技術的にも全然若い人にどんどん追い越されてしまう感じです。

平成27年の4月から地元で大人のジャズ研も数名の仲間で始めました。
これもまだまだですがいちおう指導役として頑張ってます。

仕事も忙しくなかなか活動報告すら時間がある時にまとめて一気書きなので対応している状況です。
なかなか以前のように理論講座などを書く時間も取れません。
でもこのブログが僕のひとつのモチベーションになってきたことは間違いありません。
SNS全盛で僕もFacebookやっていますが、やっぱりこのブログも大事に残していきたいと思っています。
ここに僕の軌跡のほぼすべてが記されているから。

これからも自慢話のようですが、たくさんの得てきた経験を記録していき、そこで自分がなにに気付き、そしてどう変わっていったかを残していきたいと思います。

いつか熊本にいいサックス吹きがいるんだよ、なんて言われるようになりたいな!